2015年12月31日

2015年度 APS Rifle反省

今回は2015年のAPS Rifle反省を週末会年間リザルトに沿って分析する。2015年度、蔵前工房舎レンジで週末土曜に開催したAPS練習会は全36回。午前中は銃の調整時間として当てている。13:00から14:30はAPSハンドガン、ハンドガン参加者数にもよるが15:30からはAPSライフル競技形式練習に移行する。当練習会は何故かライフル愛好者が多く、ハンドガンを上回る参加者でレンジが満杯になる場合が大半だ。今季も虎の子一丁のAPS-2 ORで参戦、参戦数は36回を記録している。今季の各競技Aveは下表の通り。



各競技共に一度は満射を記録している。ライフル競技はハンドガン競技とは異なる全身の筋肉を酷使する為、まずはこの筋肉の使い方を体得するところから競技はスタートする。詳細な反省をする前に2013、2014年度Aveと比較してみた。


ブルズアイ、プレートでは今年3〜4ポイントアップ。逆にムーバーではマイナス3ポイントと低迷した。ハンドガン、ライフル共に「当たる個体」を所有しているがメンテナンスを怠ると手痛いしっぺ返しを食らう。また、練習会当日の体調具合によっても点数は大きく変化する。高得点と身体的平均化を望むなら射撃コートを着用するという手もあるが未だに射撃コートは着用していない。年次的なAveポイントが向上しているのは試行錯誤を行っている結果だと思う。いくつかある中で一番効果的なものは「ある呼吸法」と感じている。この呼吸法に姿勢、メンタル、それ以外の要因、そして運が良ければ高得点を上げる事が出来る。ハンドガンと同じく辛く苦しい時を制する事が出来、結果を伴うとその日の酒は美味い。しかし、この世界上には上がいるもので、Aveが170、180台という驚くべき数値を叩きだす選手がいる。撃つ事でしか学べないモノも数多くあるのがこの世界。先人の背中を追いながら来季も撃ち続け、Aveポイントを上げていきたい。

Ave数値が下がったムーバーに関してはある原因が起因しているが満射を記録している回もあるので克服すべき目標が明確になった。それ以外にも乗り越えるべき問題は山積しているが一つずつ丁寧に解決、克服を目指したい。

既に撃ち納めを終えて新年を迎える準備に多忙な時期だが正月と言えど精進を怠らぬよう過ごしたいと思う。

このブログを大晦日にお読み頂きありがとうございます。
来るべき2016年が
あなたにとって幸多い年となりますように!!
では、良いお年をお迎えください。


2016年に続く。





同じカテゴリー(APS)の記事画像
0527APSライフル公式会
2016年度APS Rifle練習を振り返る
2016年度APSハンドガン練習を振り返る
新年御挨拶
6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#最終章
6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#3
同じカテゴリー(APS)の記事
 0527APSライフル公式会 (2017-05-29 06:05)
 2016年度APS Rifle練習を振り返る (2017-01-15 21:01)
 2016年度APSハンドガン練習を振り返る (2017-01-03 21:01)
 新年御挨拶 (2017-01-01 00:00)
 6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#最終章 (2016-06-20 00:43)
 6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#3 (2016-06-19 22:05)

Posted by Master You  at 09:30 │Comments(0)APS

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。