2012年06月03日

試練とは度胸試し也 !


主催/ホビーショップ フロンティア社長様、
JASG関係者様、
ジャッジの皆様、
本日の公式記録会、
お疲れさまでした。


さあ、行ってきましたAPS公式練習会。競技順はBグループ/プレート/シルエット/ブルズアイ、射順8番手。銃はMZ APS-1 GM フリー仕様、この日は蔵前BB弾を使用。

も〜うね〜、ドキドキものでした。レンジ待機席に着席した瞬間から心拍数はうなぎ上り。目を閉じ、腹式呼吸を整えてから深呼吸して、集中力を高めても心拍数は収まりません。でも、これは誰にでもある事、「...楽しめ!!」と自分に言い聞かしてプレートレンジに立ちました。

そんなプレートの結果は...(右スタート)
上段○××○×
中段×○×○○
下段○○×××
えぇぇ!!...7枚って... (XoX ;)


緊張感MAXの中、自分を整えようと抑制する気持ち、ターゲットをドットサイト内にきれいに入れようとする気持ちは感じていました。その気持ちとは裏腹にドットは大きく揺れて止まりません(汗) 「×」になったうちの何枚かはヒットするものの無情にもロックに阻まれて起き上がります(YY^YY;) オーバータイムになっていなかった事がせめてもの救い。ヒットした手応えは十分あり、攻略法も間違っていません。メンタルからくる緊張が強敵でした。

続くシルエットは、開き直った気持ちで臨みます。結果は次の通り。

射順は定説の8-9-10-7-6m。スタンディングでは初弾を外していますが記憶がありません(汗)。このシルエットではトリガープルを十分感じ集中して撃っていました。今日の競技の中で一番良い出来だったのがこのシルエットでした。しかし、トリガーを引く感覚と実際に射撃している感覚で微妙な差が有ると感じたのは、緊張感の中で撃っていたせいでしょう。

ブルズアイでは満射100点を目指しますが...

第一ブルズでの5点は油断した結果です(大汗)


終わってみれば、合計/157-3x。(>o<;)... 、大いに反省して次に繋げたいと思います!!

PS. 本日バッジ昇格された全てのシューターの皆様、おめでとうございます!!
(オイラもガンバルぞぅ〜!!)

続く...












同じカテゴリー(APS)の記事画像
0527APSライフル公式会
2016年度APS Rifle練習を振り返る
2016年度APSハンドガン練習を振り返る
新年御挨拶
6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#最終章
6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#3
同じカテゴリー(APS)の記事
 0527APSライフル公式会 (2017-05-29 06:05)
 2016年度APS Rifle練習を振り返る (2017-01-15 21:01)
 2016年度APSハンドガン練習を振り返る (2017-01-03 21:01)
 新年御挨拶 (2017-01-01 00:00)
 6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#最終章 (2016-06-20 00:43)
 6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#3 (2016-06-19 22:05)

Posted by Master You  at 23:01 │Comments(4)APS

この記事へのコメント
練習の時に190点台75点等だしてたのに残念、無念だと思います
がまだ7月の本大会がありますのでサイド調整してガンバッテ下さいね
私は、ハンドガンは不参加ですが応援に行く予定です。
Posted by TERU at 2012年06月03日 23:27
公式練習会にご参加頂き有り難うございました。
当日は進行が押し気味でバタバタしており、
ご挨拶もできず、失礼しました。
それにしても公式や本大会のプレートは難問ですね。
Posted by 山中 at 2012年06月04日 18:50
TERU > 残念ですが、無念ではありません。
Tool=銃は完璧でした。全ては「場の力」適応出来なかった
己の弱さから出たモノです。「己を知り、己を超える!」
その為にAPSを撃っていると感じています。

山中 様 > 公式会、お疲れさまでした。
プレートを撃っている姿は「超オーラ」が出まくりでした。
少しでも後ろ姿に追いつけるよう今後も精進したいと思います。
Posted by master at 2012年06月05日 23:10
"射順は定説の8-9-10-7-6m。"
定説なんですね。
定説どおりの方がよかったのかな。

なるほど。今思えばそのときのメンタルにより、うち順を変更する。
これは定石かな。
Posted by siojake at 2012年06月06日 21:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。