2008年07月27日

PPSプレート

ブルズアイ終了後、ジャッジ自らの手でPPSプレートがセッティングされます。ターゲットの地上高規定は?

ルールは簡単、白いアクリル板に開けられた22mmの穴、その後方にある黒いアクリルターゲットを撃ち落とす。距離5m/BB弾5発/時間は3分。撃ち落とす順番は自由。別の言い方をすると「倒れないジャーマーの後方にあるターゲットを撃ち倒す」。しかし、よくよく考えるとこの競技、難易度が相当高いのです。22mmの穴に6mmのBB弾を通すには穴の淵に触れてはいけません。確実にセンター付近ど真ん中を射抜くか、淵より数mm内側を射抜くかしなければ後ろの黒いアクリル板を撃ち落とす事は不可能です。黒いアクリルターゲットを撃ち落とす前にBB弾を22mm口径の穴を抜き通す<ターゲットに当てるという2段構えの「射抜く」行為が必要になります。

ただし、セッティングされたターゲットへの射撃線はシューターの身長に左右されます。身長が高ければ見下ろす事になり、ジャマーの厚みがネックになりBB弾がすり抜ける幅も違ってくる。確実に射抜く為にはその射撃線のセンター、つまりシューターから見た「x点」圏内を射抜かなければ得点にならない。うーん、これは大変奥深い競技です。

私の結果は、×○○×○。30点Get! 撃ち終えた感想は「プレートとは名ばかりの究極の5mブルズアイ」(APS競技のプレート概念とは全くの別物でしたicon10)プレートという名前に惑わされていたと思ったのは1発目を撃ち終えた時で有りました。他の参加者も同意見。ただひとり、プレマッチで参加、優勝しているMAGIさんはいち早くこの事に気付き、本日の競技に参加されたとのことでした。(さすがMAGIさん!!)

競技終了後に得点確認認証のためにサインをして、集計結果を待ちます。待ち時間の合間に参加者はあのPPSプレートターゲットに興味津々。7-8mmの硬化アクリルとは言え、そのエッジ部分はモロいモノです。22mmにくり抜かれた穴のエッジ部分にはBB弾の着弾痕がくっきり。アクリルが欠けた状態で点々と残っています。

競技結果は、参加者ひとりひとりにランキングプリントが手渡されます。そして、優勝は139点でMAGIさん!!(さすが! MAGIさん)。そして、私は同点121点にて2位。今回から協賛各社が増え参加賞、抽選会と大判振る舞いの豪華なシューティング大会になりました。私は抽選3位で大友商会さん提供のFive-Oブランド/オリジナルFLASH LIGHTを頂いてまいりました。

それにしてもAPSとは違った意味でたいへん興味深い競技と感心しています。今後も開催されるそうなので時間の許す限り積極的に参加して「満射」を目標に精進してみようと思います。

PS<今回のPPS競技会ではあえて銃の照準を変更していません。ほぼ完璧に完治した相棒APS-3と共に来週開催されるAPSカップに出場、ベストを尽くしたいと思います。おっと、その前に今年の参加テーマソングを自分也に考えてみました。それは...秘密にしておきましょう。だって、そのほうがおもしろいでしょ!! icon22




タグ :APSPPS

同じカテゴリー(APS)の記事画像
0527APSライフル公式会
2016年度APS Rifle練習を振り返る
2016年度APSハンドガン練習を振り返る
新年御挨拶
6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#最終章
6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#3
同じカテゴリー(APS)の記事
 0527APSライフル公式会 (2017-05-29 06:05)
 2016年度APS Rifle練習を振り返る (2017-01-15 21:01)
 2016年度APSハンドガン練習を振り返る (2017-01-03 21:01)
 新年御挨拶 (2017-01-01 00:00)
 6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#最終章 (2016-06-20 00:43)
 6.18 JASG APSハンドガン公式記録会#3 (2016-06-19 22:05)

Posted by Master You  at 17:00 │Comments(0)APS

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。