2010年02月24日

Halo Legends



本日は少し趣向を変えて、「Halo Legends」のお話!

「Halo」と言えば、もともとマイクロソフト社が開発したゲーム機「Xbox」用のシューティングゲームソフト。ゲーム機と言えば、任天堂かSonyかというご時世も有り、当方もご多分に漏れず両機を所有しているが、残念な事にXboxの所有はない。しかし、なぜかHaloの内容とそのストーリーには惹かれるものがある。スターウォーズのようにスペース・オペラ的な要素が十分あり、主人公「マスターチーフ」の超人的な活躍(←ホンマは超人なんです!)もあって、「Halo」はXboxの代表的なゲームとして脚光を浴びた。(ウィキペディアによるとヘイローは750万本以上、ヘイロー2は850万本以上、ヘイロー3は1000万本以上の販売を達成しているそうだ)

やがて、Haloはゲーム機だけでなくPC用ゲームソフトとして発売され、当方もPower MACにてHalo: Combat Evolvedを試す事になる。ファーストパーソン・シューティングゲーム(First Person Shooting、= FPS)と称される「一人称視点シューティングゲーム」は、自らの視点でゲームを展開していく故か、なぜか熱中してしまう(笑)

その「Halo」が小説となり、コミック化された事は知っていたが、昨年夏「Halo Legends」という題名でアニメーション化される事が公表された。製作にあたってはProduction I.G、東映アニメーション、ボンズ、STUDIO 4℃、カシオエンターテイメントと世界に誇る日本の映像、アニメ製作会社が担当している。

そして、ついに日本でも先日「Halo Legends」としてDVD & Blu-rayで発売された(^0^)/

Game内容と異なっているが、Haloのアナザ・ストーリーとして脚本がしっかりしているのと、その映像技術で余す事無くメッセージをしっかり伝えられている内容に久々に感動した。

少し余談になるが、「マトリックス」でも、その物語の背景にあるアナザ・ストーリーに「アニマトリックス」なる作品が有る。こちらの製作も日本の製作会社が寄与している。

おそらく将来的には、ワーナー・ブラザーズから実写版映画として登場して来る事が予想出来る。現在、大ヒット中の「アバター」のように3D映画となる事に期待したい。

え? なに? 「手前のフィギュアが気になる?」、え? 「奥にある男女の方が気になる?」

それはまたの機会につ・づ・く・!・...m(_ _ )m





同じカテゴリー(エンターテイメント)の記事画像
R.i.B
デジカメテスト
立てー、立つんだー,ジョー!!
本日、襲名披露!!
サマーウォーズ
ヤマト、復活編(^O^)/
同じカテゴリー(エンターテイメント)の記事
 R.i.B (2016-05-17 21:01)
 デジカメテスト (2011-01-28 21:01)
 立てー、立つんだー,ジョー!! (2011-01-25 21:01)
 本日、襲名披露!! (2010-04-01 12:00)
 サマーウォーズ (2010-03-09 21:01)
 ヤマト、復活編(^O^)/ (2009-12-13 21:03)

Posted by Master You  at 21:01 │Comments(0)エンターテイメント

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。